栃木県の滝  <<< トップページへ
 

栃木県日光市所野  霧降川 

霧降の滝
  

 板穴川の支流となる霧降川にある滝で、上下二段からなり、落差は上滝が25m、下滝が26mで、全長は75mとされる。滝幅は頂部が約3mで、下部は約15mにも広がる壮大な景観をもつが、観瀑台からは遠すぎて迫力に欠ける。しかし、滝を取り囲む森林の新緑と紅葉シーズンの景観は素晴らしいようだ。  霧降の滝は、華厳滝、裏見滝とともに日光三名瀑の一つとなっており、「日本の滝百選」にも選ばれている。
 観瀑台に行く遊歩道の手前から20分ほどで滝壷へ下りる道があったが、崩落により現在は通年通行止めとなっている。



2013年 9月27日
 観瀑台から(AM 9:50)











滝壷から下滝を観る (AM 10:30前後)
( 途中、急斜面のガレ場があり、崩れ易く危険ですので真似はしないで下さい。)
































ヤマヒルにも注意(R.O)



−TOP−