群馬県の滝  <<< トップページへ 
群馬県南牧村 砥山本谷川 →

砥山不動滝 (落差30m)

南牧川沿いの地方道45号線を上流へ向かい、砥山地区で砥山本谷川沿いの林道を1.2kmくらい進んだ終点に広場があり、その奥に駐車できます。そのすぐ先に「マムシの滝」があり、チャラ瀬の浅い川を渡って広河原を100m位進むと右手に「本山の滝」が有り、その周辺には登山道らしき道は見当たらず、左奥の岩の隙間から斜面を登って滝上にでました。そこから3基の堰堤を越えて沢沿いに登って行くと、30分くらいで「砥山不動滝」が現れます。


2010. 11. 30









登山道らしき道は無く、
岩間のガレ斜面を這い上がって本山の滝上に出ました

本山の滝



1基目の堰堤の上流部 ・ 左側にある踏跡を伝って登って行きます。 小滝-1 (R.O)




小滝-2




小滝-3




小滝-4




異様に見える2本の大木




小滝-5 (R.O)




小滝-6




砥山不動滝




砥山不動滝

−TOP−