群馬県の滝  <<< トップページへ 
群馬県みどり市東町小中 小中川 →

小中大滝の氷瀑 (最大落差 96m)

桐生・大間々から日光へ向かう渡良瀬街道R122号線から小中川沿の道路を7kmくらい上流へ向かうと大滝自然公園の駐車場がありトイレや休憩所も整備されています。
木製の源太橋を渡り、標識に従って山道を右手方向に5分ほど登って行くとトンネルがあり、その先に長さ51mの階段式吊り橋「けさかけ橋」が掛かっていて、その先に滝見台があります。


2011年 2月 1日
小中川沿いの道路は車幅が狭くなる柏ヶ谷集落の手前から日陰には残雪や凍結があります。
今回ノーマルタイヤでしたがヒヤヒヤの連続(汗)、スタットレスタイヤの方が安全です。


駐車場手前のトンネル内に一本の大きな氷柱があり、
危うくぶつかりそうになりました。

駐車場は積雪の為、入らず道路に停めました

遊歩道にも残雪が有りました



「けさかけ橋」を降りて行くと、途中から残雪がありました。
滑らないよう注意が必要です。




吊り橋の途中からは滝の下段部を見ることができます




滝下部の氷瀑




滝の上部は葉の無いこの時期だけ見えます




この位置から全体が見通せますが滝底までは見えません




スローシャッター(1s)


2009年12月15日 小中大滝

−TOP−